建築学科の同期たちへ

ほろ酔いポスト。

建築学科同期が大学院を卒業した。
卒業パーティーをしてきた。

あたしは一足先に卒業していたけど、今までは
大学に行けばみんなに会えたし、どこかで繋がっている感じがしてた。
これからは殆どの人が社会に出てそれぞれの道を歩む。

うちの代はたぶん、領域横断で、みんなで集まってわいわいする文化が
そんなに育ってなかったきがする。建築展のあと。
もしかしたら大学院時代に一丸となっていたかもしれないけど、
でもそんな気もやっぱりしない。笑

だからこそ、今一回集まっておくことがすごく重要な気がして、
パーティーしたいって言い続けてたりしたんだ。

社会人になってから、すごく痛感したことがある。
あの場所で学んだことや考えたことは、想像以上に自分の思考体系に
影響を与えていて、随まで染み込んでる。
6年間いたみんなは尚更なのだろうと思う。
そして、どこを世の中一般とするかは分からないけど、少なくとも私たちはマジョリティじゃない。

だからこそ、同じ場所で、同じように頭を悩ませて、
それぞれ個性はあれど近い価値観で育った仲間はもの凄く大事だと思った。
これから社会で活躍していくみんなが、色んなものにチャレンジしていくときに、
一緒に徹夜して頭を悩ませて、ライバルとして競ってきた仲間が
それぞれに頑張っていることを感じられる環境があることは、とても大事だと思った。
建築や都市、暮らすことものを使うこと作ること、人との関係性、
今後どんな世の中にしていくべきか、これまでどんな歴史があって形が生まれてきたのか・・・

建築にまつわる全てについて考えてきた時間を
共有してきた仲間がいることは、とても希有だと思う。

だから今日は皆で会えてほんとに嬉しかった。
飲んで笑って殴り合ってたり泣いてたりして、ほんとに面白かった。

一度でも、こういう機会があるかないかで、
今後の糸の流れが全然変わると思うんだ。

それぞれの道で、がんばろうね。これからも。

卒業おめでとう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です